キャッシング審査に必要な収入証明と在籍確認

キャッシング審査に必要な書類とは?

キャッシング審査に必要な収入証明と在籍確認

キャッシングはお金がどうしても必要な場合に便利な金融システムです。 本人確認書類があればキャッシングの申込ができます。 ここでは、キャッシング審査に必要な収入証明と在籍確認について解説いたします。

キャッシングの審査内容によっては<収入証明書>を提出するように指示されるケースがあります。 例えば契約する限度額が50万円を越えるようなケースです。 初めてキャッシング契約をする場合に50万円を越えるような審査結果がでることは少ないです。 しかし一定期間キャッシングサービスを利用していて増額を希望する場合に収入証明書を提出が必要になることもあります。

キャッシング契約する限度額が50万円未満のケースでも他のキャッシング会社の借入額と契約の限度額をプラスした合計が100万円を越える場合も収入証明書の提出を要求されることがあります。 これはキャッシング会社によってまちまちですが、契約段階では収入証明書の提出が不要の場合もあります。

けれども後日期限を指定されてそれまでに提出しなければなりません。 提出しない場合は融資がストップされるでしょう。 源泉徴収票・確定申告書・給与証明書・納税証明書などが収入証明書になります。

どの書類についても最新年度分が必要で給与明細書の場合は最新2カ月分の提出が必要です。 2カ月分の平均月収で12カ月分で採用されます。 ボーナスがあれば賞与明細も提出しましょう。

次に審査の時の在籍確認について説明します。 勤務先に電話されるので不安感はあるでしょう。 融資する会社にとりもっとも危険なことはお金が返済されなくなってしまうことですから申込をした人が本当に会社に勤務しているのかどうかをチェックしたいのです。

自己申告しているだけでは証拠がないからです。 在籍確認は通常電話で行われますが、キャッシング会社の社名を名乗ったりはしません。 普通は審査の受付担当者の個人名でします。

本人が不在でも<ただ今、席をはずしています>とう返事だけでもOKです。 本人が在籍しなくても在籍確認として認められます。 勤務先へ電話がかかってくるのは審査の時が基本的ですが返済が遅延した場合は督促で電話があることもあるでしょう。