キャッシングする際に収入を証明するには

収入を証明する方法とは?

キャッシングする際に収入を証明するには

キャッシングは基本的に、本人確認ができればいいので、用意するものは身分証明書だけで良いのです。

ただし、審査内容は会社やあなたの職業や雇用形態によって違いますので、場合によっては収入を証明できる書類の提出が必要になります。 これは義務付けられていることですので、要求された場合は、証明無しでキャッシングができるということはありません。

キャッシングを行っている借入先の企業によっては、収入証明書が必要のないことも有ります。 ただし、後日提出するように言われている場合、その日までに提出しなければ融資が受けられなくなることもあります。 では、その収入証明書というのはどのようなものなのでしょうか?

一般的な収入証明書と言えば、納税証明書、課税・非課税証明書になります。 他にも、源泉徴収票や給与明細書、確定申告書なども収入証明になります。 どれも一番新しいものでなくてはなりません、

更に、給与明細書に関しては2ヶ月分必要になりますので、いざという時のために、このような証明書は捨てずにきちんと保管しておきましょう。 また、給与明細書を提出する場合、ボーナスの出る会社の場合は、ボーナスをもらった月の給与明細書も併せて提出することになります。

これにより限度額や、返済能力の有無の判断なども変わってきます。 ただし、初めてキャッシングを利用する場合、50万円を超える利用可能額が定時されることはあまりありません。

もしも自動的に限度額が上がる場合を除き、自分で限度額を上げたい場合や、限度額内であっても他の企業から借り入れて合計100万円以上になる場合も収入証明書が必要になります。 キャッシングに限らず、銀行からの融資や、奨学金を契約する際にも収入証明書は必要になります。 お金を借りるときは、収入証明書が要求されると思ったほうが良いでしょう。

因みに、きちんと税金を払っている、もしくは税金の申告をしている場合は、区役所や地域事務所などで簡単に、課税証明書を発行してもらえますよ。 住基カードがあれば、コンビニのコピー機や役所の証明書発行機でも発行できます。 是非参考になさってみてくださいね。