クレジットカードとキャッシング

クレジットカードとキャッシング、どっちがいいの?

クレジットカードとキャッシング

急に何かを用意しないと行けなくなった時、手元に現金が無くても、キャッシングやクレジットカードを利用すれば、買い物することができるようになります。 ではクレジットカードとキャッシング、どちらを利用したほうが良いのか考えたことはありますか? それぞれ、似ているようで違うので、それぞれの違いについてご紹介します。

まず、消費者金融からお金を借りるキャッシングですが、噂によると一度に何社も申し込むと審査が通りにくくなるようですね。 その理由は、消費者金融へ申し込みをしたという情報は、信用情報に記録されるからのようです。

一度に何社も申し込むと、なんだか切羽詰まっているように見えませんか? 返済能力のない人にはお金は貸せませんので、返済が心配な人だと思われて審査が通りにくくなるようです。

ただし、これはあくまでも噂なのですが、ここ最近、消費者金融からキャッシングしにくくなっていることは確かなのです。 その理由は度重なる法律の改正であり、主に改正貸金業法が施行されたことが原因です。 審査も以前より厳しくなっているようで、それゆえに比較的に審査が通りやすいイメージのある、クレジットカードを選択する人が増えているのです。

確かに、クレジットカードは学生でも自己申告の年収を伝えるだけで、本当に簡単に作れちゃいますし、すぐに使いたいのならばクレジットカードは便利だと思います。 しかし、クレジットカードは2009年から総量規制に導入されてしまいました。 そのため、年収によって使用可能金額に制限がかかってしまいました。

なので、総量規制が200万円だとして、200万円使えるクレジットカードを作ってしまうと、他のクレジットカードは作りにくくなるということなのです。 クレジットカードによって特典が違いますし、1つでも良いという人もいますが、場合によっては複数持っていたほうが便利なのです。 そのためクレジットカードごとにきちんと目的を明確にして使うことが大切になります。

また、クレジットカードごとにポイントの還元率も違いますし、そのポイントがどこで使えるかも違ってきます。 クレジットカードを持つならば、ポイントの還元率が高く、更に良く利用する場所でポイントが使えるものにしましょう。

キャッシングもクレジットカードもそれぞれに良い部分がありますし、それぞれにデメリットも存在します。 どちらのほうが良いのかというのは、一概には言えませんが、どちらもライフスタイルに合わせて選べば失敗することは無いでしょう。